スポーツを起点に、君の未来をつくる

スポーツの実践、研究を通して
「心・技・体」のバランスのとれた人材を育成します。

文武両道の伝統を受け継ぎ、スポーツとスポーツ理論を最新の施設と設備を使って研究・実践します。それらを究めることで、優れたスポーツ指導者と世界の第一線で活躍する競技者を養成します。体力の維持・向上という面だけでなく、スポーツは健康促進という面でもますます注目されています。それに対応し、スポーツ医学や健康科学、人間工学などの分野も科学的に研究します。また、語学や情報処理の科目も学ぶことで、国際化と情報化を進めるこれからの時代にも対応します。

進路に応じた2コースから選択。

2年次より、中学・高校の教員を目指す「学校教育コース」または社会体育指導者養成のための「スポーツ科学コース」を選択。レクリエーション・インストラクターなどの資格取得にも役立つ野外実習も選択できます。

科目紹介
スポーツ心理学
スポーツを心理学的観点からとらえ、心理学が指導や実践に役立つ科学的根拠を理解し、運用能力を取得する。競技の心理などにもふれる。

運動生理学
身体運動やスポーツに伴う呼吸器系や循環器系、代謝系、血液成分などの体内変化や役割を、法則や定説、トピックスを挙げて学ぶ。

スポーツマスコミュニケーション論
国内外のスポーツジャーナリズムやマスコミのあり方などについて、元実況番組アナウンサーの経験に基づく講義をうけ、ディスカッションする。
概要
取得可能資格
カリキュラム
Q&A
体育学科
石坂真奈美
小さな課題を一つずつ乗り越えてきた。それが大きな夢をつかむ近道でした。